世界経済における農業②食料安全保障

food-self-sufficiency rate

冴えない人生をアップデート 自由な人生をコーディングするライフスタイルデベロッパー小森です。

前回は、世界経済における農業 企業編という事で、いくつか企業をピックアップしてみました。

農業を語る上で重要な食料安全保障ってご存知ですか(´・ω・`)?

食料安全保障とは 食料は人間の生命の維持に欠くことができないものであるだけでなく、健康で充実した生活の基礎として重要なものです。 全ての国民が、将来にわたって良質な食料を合理的な価格で入手できるようにすることは、国の基本的な責務です。

食料不足によって国民の労働力が低下すると、国の経済が成り立たなくなってしまいます。まぁ石油と一緒でこれも国が存続・発展するためには必要不可欠なエネルギーですよね(゚ー゚)(。_。)ウンウン

食料・農業・農村基本法(平成11年法律第106号)(抜粋)

食料の安定供給の確保

  • 第2条 食料は,人間の生命の維持に欠くことができないものであり,かつ,健康で充実した生活の基礎として重要なものであることにかんがみ,将来にわたって,良質な食料が合理的な価格で安定的に供給されなければならない。
  • 2 国民に対する食料の安定的な供給については,世界の食料の需給及び貿易が不安定な要素を有していることにかんがみ,国内の農業生産の増大を図ることを基本とし,これと輸入及び備蓄とを適切に組み合わせて行われなければならない。
  • 4 国民が最低限度必要とする食料は,凶作,輸入の途絶等の不測の要因により国内における需給が相当の期間著しくひっ迫し,又はひっ迫するおそれがある場合においても,国民生活の安定及び国民経済の円滑な運営に著しい支障を生じないよう,供給の確保が図られなければならない。

不測時における食料安全保障

  • 第19条 国は,第2条第4項に規定する場合において,国民が最低限度必要とする食料の供給を確保するため必要があると認めるときは,食料の増産,流通の制限その他必要な施策を講ずるものとする。

って感じで国は国民に食料が行き渡るように法律を定め、農林水産省が中心となって食料確保に尽力してるわけですね。

これ政府の政策としてやっていかないとマジヤバイんですよ(;´Д`)

まぁ理由は色々ありますが、あとで語る事にしましょう。

Youtubeにチャンネルがあって農林水産省は活動報告や大臣の会見が公開されているので参考までに。
農林水産省 公式 Youtubeチャンネル

食料安全保障を語る上で超重要な食料自給率ってご存知ですか?(´・ω・`)?

食料自給率

食料自給率とは 食料自給率とは、国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標です。 その示し方については、単純に重量で計算することができる品目別自給率と、食料全体について共通の「ものさし」で単位を揃えることにより計算する総合食料自給率の2種類があります。

食料自給率とは:農林水産省

で、

最近の食料自給率はどうかというと・・・。

食料自給力指標の推移

food-self-sufficiency rate

食料自給率が平成9年度以降19年間40%前後(横ばい)で推移している中、食料自給力(我が国の食料の潜在生産能力)は近年低下傾向にあり、将来の食料供給能力の低下が危惧される状況にあります。

国内生産によって自給自足できない食料や足りない食料は輸入した外国産に頼ってるわけ(・0・。) ほほーっ

で、

外国産に頼るばかりでは弊害が大きくなる一方なので、これが食料安全保障に非常に大きく関わってるので農林水産省は食料自給率を上げるための活動も行ってます。

そもそもなぜ食料自給率が年々下がっているのか?

欧米か

欧米化!ってことです・・・・・

食の欧米化による食料内容の変化

食の欧米化

理由は簡単で食の欧米化が進んでしまったため、見て分かる通り、米や魚介類・野菜が減って肉・卵・油が増え、米など国産で賄える食材が減ってますね。結果、食料自給率が下がるわけです。

まぁ日本人が昔ながらの和食に戻れば自給率は上がるはずなんですけどねー。小さい頃から給食などを通じて教育されちゃって今更難しい話。肉やパンが大好きですよねー僕ら。◯◯◯ナルドのハンバーガーとか体に良くないと分かっていても食べてるしヘ(゚∀゚ヘ)

昔ながらの日本食に戻ろうって動きもあるんですが、世界の様々な思惑があってそう簡単には行きませんΣ(・∀・;)

次回は、自給率低下に関わる「食の欧米化について」です。お楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です